Skip to content

嬢に嫌われないために

 

ミニドレス姿で椅子に座る女性

せっかくセクキャバに遊びに行くなら、可愛い女の子とリアルな恋人気分を味わって楽しみたいものです。しかし実際のところ、セクキャバ嬢に嫌われてしまうお客さんというのも存在します。一度嫌われてしまうと、甘いムードから一転、険悪なムードになってしまって楽しめません。セクキャバ嬢に好かれるお客さん、嫌われるお客さんにはどういった差があるのでしょうか。

紳士的か乱暴か

セクキャバ嬢に限らず、普通の女の子に当てはめてみればすぐにわかるかと思いますが、紳士的な男性は好かれ、乱暴な男性は嫌われます。セクキャバ嬢といっても人間ですから、あまりにしつこく迫ったり嫌がるプレイを一人よがりで押し付けたりすれば、ほとんどの嬢に嫌われるでしょう。セクキャバでは上半身裸になった女の子のオッパイを自由に揉んだりできますが、力加減は大切です。力いっぱい揉んだり、乳首を強く吸いすぎたりすれば、女の子は感じるどころか痛い思いをするだけです。オッパイは意外とデリケートなので、優しく女の子を感じさせるような触り方をしましょう。

しつこくないかどうか

しつこい男性はどうしても嫌われます。例えば女の子が断っているのに何度も店外でのデートを誘ったり、無理やりプライベートの連絡先を聞き出そうとするのはNGです。女の子に信頼されているなら、女の子の方から同伴に誘ってくれたり、連絡先交換の誘いをしてくれたりするものです。セクキャバではガツガツ攻めるのではなく、少しくらい受け身な方が女の子に好感を持たれるかもしれません。